ネギ(ねぎ) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



ネギ(ねぎ)

(" 緑黄色野菜・淡色野菜―ネギ(ねぎ) "から複製)

ネギとは

ネギの分類・種類

ネギと青ネギ

ネギは、大別すると、ネギネギネギ根深ネギ)と、小ネギ・万能ねぎなどのネギネギ)の2種類がある。

関東では白ネギが、関西では青ネギが好まれている。

両者の違いはその栽培方法にある。

葉の部分に太陽光をあてて栽培すると青ネギに、葉の下の白い部分を太陽光にあてないよう土をかぶせて育てると白ネギになる。

 

ネギの経緯・沿革・由来・歴史など

日本では、「日本書紀」に記載されているほど古くから栽培されてきた野菜で、漢方や民間療法(民間薬)で体への効きが珍重されていた。

 

ネギの位置づけ・体系(上位概念)

淡色野菜緑黄色野菜

ネギの白い部分は淡色野菜、青い(緑の)葉の部分は緑黄色野菜である。

栄養的には、白い部分より青い葉の部分ほうがβ-カロテンビタミンC、ミネラルなどを多く含んでいる。 

 

ネギの保存方法・保管方法

ネギは新聞紙にくるんで冷蔵庫で保存する。

ネギの栄養

次のページを参照。

ネギの栄養

 

ネギの摂取

次のページを参照。

ネギの摂取



| 現在のカテゴリ:な行 |

現在のカテゴリ:な行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 11 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「な行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 生アーモンド
  2. 生クリーム
  3. 生クリームー栄養
  4. ニシン
  5. 日本酒
  6. 乳製品
  7. ニンジン(人参・にんじん)
  8. ニンジン(人参・にんじん)の健康的な食べ方
  9. にんにく(ニンニク)
  10. ネギ(ねぎ)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:な行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「な行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー