いんげん豆(インゲン豆・インゲンマメ) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



いんげん豆(インゲン豆・インゲンマメ)

(" 豆類―いんげん豆(インゲン豆・インゲンマメ) "から複製)

インゲンマメとは 【common bean; kidney bean; haricot bean

インゲンマメの定義・意味・意義

インゲンマメとは、マメ科の一年草の豆類をいう。

なお、世界的には、豆という場合はインゲンマメを指す(「common bean」)。

また、その形が腎臓に似ていることから、英語では「kidney bean」とも呼ばれる。

インゲンマメの位置づけ・体系(上位概念)

豆類

インゲンマメ豆類に位置づけられる。

豆類には次のような種類がある。

インゲンマメの趣旨・的・役割・機能

インゲンマメは安価なため、世界で広く栽培され、食されている。

タンパク質の供給源

インゲンマメは、低脂肪タンパク質の供給源である。

主食として炭水化物の供給源

インゲンマメ炭水化物も豊富に含むので、主食としている国もある。

主要産地・生産地・生産国

世界

日本
北海道

日本におけるインゲンマメの主要産地は北海道である。

その約70%が金時豆(赤インゲン豆インゲンマメの代表的銘柄)で、なかでもよく知られているのが「大正金時」という品種である。

参考:金時豆(きんときまめ) 豆類協会 mame.or.jp http://www.mame.or.jp/syurui/syurui_05.html

いんげん豆の栄養

いんげん豆カロリーエネルギー

いんげん豆(ゆで)100gで143kcal

文部科学省「食品成分データベース」 http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

いんげん豆栄養素・栄養成分(物質)

身体との栄養源・エネルギー源
脂肪タンパク質の供給源

インゲンマメは、低脂肪タンパク質の供給源である。

代表的な豆類である大豆と比較すると、タンパク質の含有量はその約半分であるが、低脂肪で、脂質の含有量は大豆の1/9しかない。

ゆでたもので比較

参考:文部科学省「食品成分データベース」 http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

炭水化物の供給源

いんげん豆炭水化物も豊富に含み、大豆と比較すると、炭水化物の含有量はその約2.5倍である。

ゆでたもので比較

参考:文部科学省「食品成分データベース」 http://fooddb.mext.go.jp/index.pl



| 現在のカテゴリ:あ行 |

現在のカテゴリ:あ行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「あ行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 青汁
  2. 赤ワイン
  3. 甘酒
  4. アーモンド
  5. いも類(芋類)
  6. いんげん豆(インゲン豆・インゲンマメ)
  7. ウイスキー
  8. ウコン
  9. オリーブオイル

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:あ行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「あ行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー