セントジョーンズワート - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



セントジョーンズワート

セントジョーンズワートとは

セントジョーンズワートの定義・意味・意義

セントジョーンズワートとは、ハーブの一種で、うつ病治療の観点から注を集めています。

セントジョーンズワートの働き・作用

効果・効力・効用・効能
うつ病に効果的

セントジョーンズワートは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)系の抗うつ薬と同様に、セロトニンの再吸収を阻害する働きがあるとの説があります。

その結果、セロトニンの減少を防ぎ、うつ病に効果を発揮するというわけです。

ドイツなどいくつかの国では軽度のうつ病患者に対しては、通常の抗うつ薬より広く処方されているといわれています。

副作用
胃腸の不調

セントジョーンズワートでもっとも多い副作用は胃腸の不調です。

他の医薬品との相互作用

厚生労働省が公表している「セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)と医薬品の相互作用について」という資料で、次のような薬を服用している場合、セントジョーンズワートにより、その効果が減少する可能性があるとされています。

  • インジナビル(抗HIV薬)
  • ジゴキシン(強心薬)
  • シクロスポリン(免疫抑制薬)
  • テオフィリン(気管支拡張薬)
  • ワルファリン(血液凝固防止薬)
  • 経口避妊薬(ピル)

その他、一部の抗不安薬デパスグランダキシンなど)や睡眠薬マイスリー)などとの相性も悪く、これらの薬の効果を弱めてしまうおそれがあります。

セントジョーンズワートの評価・批評・批判など

セントジョーンズワートはうつ病に効かない・効果がないという調査・実験報告もあります。

セントジョーンズワートの摂取

セントジョーンズワートの取り方・摂り方・摂取方法

日本では、ハーブとして市販されています。

また、サプリメントも各社から販売されています。

用法・用量・使用量

自分にセントジョーンズワートが効果があるかどうかを判断するには、他の抗うつ薬と同様に、ある程度時間が必要です。

4週間から8週間は続けてみましょう。



| 現在のカテゴリ:さ行 |

現在のカテゴリ:さ行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「さ行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 砂糖
  2. 砂糖―黒砂糖
  3. 砂糖―上白糖
  4. 砂糖―グラニュー糖
  5. しいたけ
  6. シナモン
  7. ジャガイモ(じゃがいも・馬鈴薯)
  8. ジャガイモ(じゃがいも・馬鈴薯)―栄養
  9. 種実類
  10. 醸造酢
  11. 焼酎
  12. 植物性油脂
  13. 酢(食酢)
  14. 酢(食酢)―摂取
  15. スキムミルク
  16. スキムミルク―栄養
  17. セントジョーンズワート
  18. そば(ソバ 蕎麦)
  19. そば(ソバ 蕎麦)の健康的な食べ方

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:さ行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「さ行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー