アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アスパラギン酸 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アスパラギン酸

アスパラギン酸とは

アスパラギン酸の定義・意味・意義など

アスパラギン酸とは、一つ一つの細胞にある、エネルギーを生み出すクエン酸回路(TCA回路)のはたらきに関与している、非必須アミノ酸の一種です。

クエン酸回路とは、一つ一つの細胞が、ブドウ(グルコース 糖質の一種)、炭水化物脂肪たんぱく質からエネルギーを生み出す仕組みをいい、自動車のエンジンのようなものです。TCA回路ともいいます。

アスパラギン酸の健康によい働き(効果・効用・効能)

代謝を活発にする(エネルギーの生産効率を高める)効果・効力

クエン酸回路(TCA回路)に関与しているアスパラギン酸は、代謝(=物質を分解してエネルギーを取り出したりすること)を活発にします。

つまり、アスパラギン酸は、エネルギーの生産効率を高めるはたらきがあります。

必要なエネルギーがあれば、からだも元気になります。

疲労を回復する効果・効力

運動をして酸素の供給が追いつかなくなると、疲労物質といわれている乳酸ができます。

体内に乳酸がたまると、疲れを感じるようになるわけです。

しかし、エネルギーを生み出すクエン酸回路には、乳酸をエネルギー源に戻してくれる(リサイクルする)はたらきもあるといわれています。

したがって、クエン酸回路のはたらきが高まれば、疲労物質である乳酸が再びエネルギー源となり、疲労を回復してくれます。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 31 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「3大栄養素―身体構成成分―③タンパク質(蛋白質・たんぱく質)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タンパク質(蛋白質・たんぱく質)
  2. タンパク質―分類
  3. タンパク質―分類―①動物性タンパク質と植物性タンパク質―動物性タンパク質
  4. タンパク質―作用
  5. タンパク質―摂取
  6. タンパク質―摂取―摂取量
  7. タンパク質―摂取―摂取量―食事摂取基準(指標)
  8. タンパク質―摂取―摂取量―摂取過剰
  9. タンパク質―摂取―摂取量―摂取不足
  10. タンパク質―摂取―摂取方法
  11. アミノ酸
  12. アミノ酸―指標―アミノ酸スコア
  13. アミノ酸―作用
  14. アミノ酸―作用―疲労予防・回復効果
  15. アミノ酸―作用―筋肉の増強・強化と腰痛・関節痛予防の効果
  16. アミノ酸―作用―ダイエット効果
  17. アミノ酸―作用―保湿・美肌効果
  18. アミノ酸―作用―肝機能改善効果
  19. アミノ酸―作用―免疫力向上効果
  20. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)
  21. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―イソロイシン
  22. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―トリプトファン
  23. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―ロイシン
  24. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―バリン
  25. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸
  26. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アスパラギン酸
  27. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アルギニン
  28. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―グルタミン酸
  29. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―テアニン
  30. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―GABA(ギャバ)
  31. アミノ酸―分類②―精神系(心系)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「3大栄養素―身体構成成分―③タンパク質(蛋白質・たんぱく質)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー