アミノ酸―作用―疲労予防・回復効果 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



アミノ酸―作用―疲労予防・回復効果

アミノ酸の疲労予防・回復効果

アミノ酸にはさまざまな健康効果がありますが、疲労予防効果もそのうちの一つです。

一般に、疲労には3つの種類があると考えられています。

  1. 筋肉の疲れ(体的な疲労)
  2. 内臓の疲れ
  3. の疲れ(精神的な疲労)

アミノ酸はこの3種類の疲労に対して、それぞれ次のような働き・作用をしてくれます。

1.筋肉の疲れ(体的な疲労)に対する働き・作用

アミノ酸は乳酸を発生させないエネルギー源

筋肉の疲れは、疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積することで起こります。

代謝とは、栄養素エネルギーに変えることをいいますが、糖質はこの代謝の過程で乳酸を発生しますが、脂質たんぱく質アミノ酸)は乳酸を発生させません。

つまり、アミノ酸には、筋肉疲労の原因となる乳酸を発生させずにエネルギー源になってくれる、という特徴があります。

アミノ酸は乳酸の発生を抑える

また、アミノ酸には、乳酸の発生を抑えるはたらきもあるので、疲労感を軽減してくれます。

運動中、運動が終わった直後、その日の睡眠前などにアミノ酸を補給すると効果的とされています。

2.内臓の疲れに対する働き・作用

食べ過ぎや飲み過ぎ(暴飲暴食)、ストレス・過労は、胃腸肝臓といった内臓に負担をかけます。

疲労・疲れやだるさは、この内臓の疲れからきている場合もよくあります。

この点、アミノ酸には、臓器に十分な栄養をすみやかに補給する作用があるので、内臓の疲労を予防・回復し、疲れにくい体をつくることができます。

3.の疲れ(精神的な疲労)に対する働き・作用

やる気が出ない、倦怠感といったの疲れの原因の一つは、体内の代謝により発生する、人体に有害なアンモニアにあります。

通常、アンモニアは肝臓の解毒作用により無害化され、尿として体外に排出されます。

肝臓の働き・機能―②解毒(デトックス)

しかし、運動のしすぎなどにより体内で多量のアンモニアが発生すると、肝臓の解毒作用がこれに追いつかなくなります。

この場合、はアンモニアの発生を抑制するため、体に「もう動くな」という指令を出します。

このからの指令が、「何となくだるい」「ヤル気が出ない」というかたちで自覚されるわけです。

この点、アミノ酸肝臓のはたらきを高め、アンモニアを排出させるので、の疲労予防にも効果的といえます。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 31 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「3大栄養素―身体構成成分―③タンパク質(蛋白質・たんぱく質)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タンパク質(蛋白質・たんぱく質)
  2. タンパク質―分類
  3. タンパク質―分類―①動物性タンパク質と植物性タンパク質―動物性タンパク質
  4. タンパク質―作用
  5. タンパク質―摂取
  6. タンパク質―摂取―摂取量
  7. タンパク質―摂取―摂取量―食事摂取基準(指標)
  8. タンパク質―摂取―摂取量―摂取過剰
  9. タンパク質―摂取―摂取量―摂取不足
  10. タンパク質―摂取―摂取方法
  11. アミノ酸
  12. アミノ酸―指標―アミノ酸スコア
  13. アミノ酸―作用
  14. アミノ酸―作用―疲労予防・回復効果
  15. アミノ酸―作用―筋肉の増強・強化と腰痛・関節痛予防の効果
  16. アミノ酸―作用―ダイエット効果
  17. アミノ酸―作用―保湿・美肌効果
  18. アミノ酸―作用―肝機能改善効果
  19. アミノ酸―作用―免疫力向上効果
  20. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)
  21. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―イソロイシン
  22. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―トリプトファン
  23. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―ロイシン
  24. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―バリン
  25. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸
  26. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アスパラギン酸
  27. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アルギニン
  28. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―グルタミン酸
  29. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―テアニン
  30. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―GABA(ギャバ)
  31. アミノ酸―分類②―精神系(心系)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「3大栄養素―身体構成成分―③タンパク質(蛋白質・たんぱく質)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー