アミノ酸―作用―肝機能改善効果 - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



アミノ酸―作用―肝機能改善効果

アミノ酸の肝機能改善効果

肝臓のはたらき・機能の一つに解毒作用(デトックス)があります。

肝臓の働き・機能―②解毒(デトックス)

アミノ酸は、肝臓の解毒作用を助けたりして、肝機能の改善にも効果があるとされています。

1.アルコールの解毒のサポート

アラニンやグルタミンといったアミノ酸は、肝臓でのアルコール代謝を早めてくれます。

また、イソロイシンロイシンバリンアルギニン、グルタミンは肝機能を高め、これによってアルコール代謝を促進してくれます。

したがって、これらのアミノ酸を摂取することで、二日酔いの回復に役立ちます。

さらに、アラニンやグルタミンには、肝機能障害(肝障害)を改善したり、肝臓の再生を促進する働きがあるという実験結果もあります

味の素(株)のHPより

2.アンモニアの解毒のサポート

オルニチンというアミノ酸は、アンモニアの解毒とタンパク質合成などのはたらきで、肝臓を助けていると考えられています。

このうち、アンモニアの解毒についてですが、大腸の消化吸収の過程では、食物に含まれているタンパク質悪玉菌によって、アミノ酸を経て、代謝・分解され、アンモニアなどの人体に有害物質が発生します。

このアミノ酸の分解で生じたアンモニアは、肝臓尿素につくり変えられて、腎臓から排出されます。

高校の生物でも習いますが、このシステムを尿素回路(別名オルニチン回路)といいます。

オルニチンは、この尿素回路というアンモニア解毒システムの構成要素となっているのです。




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 31 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「3大栄養素―身体構成成分―③タンパク質(蛋白質・たんぱく質)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. タンパク質(蛋白質・たんぱく質)
  2. タンパク質―分類
  3. タンパク質―分類―①動物性タンパク質と植物性タンパク質―動物性タンパク質
  4. タンパク質―作用
  5. タンパク質―摂取
  6. タンパク質―摂取―摂取量
  7. タンパク質―摂取―摂取量―食事摂取基準(指標)
  8. タンパク質―摂取―摂取量―摂取過剰
  9. タンパク質―摂取―摂取量―摂取不足
  10. タンパク質―摂取―摂取方法
  11. アミノ酸
  12. アミノ酸―指標―アミノ酸スコア
  13. アミノ酸―作用
  14. アミノ酸―作用―疲労予防・回復効果
  15. アミノ酸―作用―筋肉の増強・強化と腰痛・関節痛予防の効果
  16. アミノ酸―作用―ダイエット効果
  17. アミノ酸―作用―保湿・美肌効果
  18. アミノ酸―作用―肝機能改善効果
  19. アミノ酸―作用―免疫力向上効果
  20. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)
  21. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―イソロイシン
  22. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―トリプトファン
  23. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―ロイシン
  24. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―必須アミノ酸―バリン
  25. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸
  26. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アスパラギン酸
  27. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―アルギニン
  28. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―グルタミン酸
  29. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―テアニン
  30. アミノ酸―分類①―タンパク質の構成成分―非必須アミノ酸―GABA(ギャバ)
  31. アミノ酸―分類②―精神系(心系)

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「3大栄養素―身体構成成分―③タンパク質(蛋白質・たんぱく質)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー