だいこん(大根) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



だいこん(大根)

大根

大根の健康によい主な効用・働き・機能・作用

特徴・特

大根はビタミンCが豊富で、特に内側より皮の方に多く含まれています。

中央部より2倍の量といわれています。

また、大根葉は、緑黄色野菜の一種として、根以上のビタミンCのほか、カロチンカロテン)やカルシウムを豊富に含んでいます。

治す・予防する
消化促進機能

大根は、デンプンを分解してくれる酵素であるアミラーゼを多く含んでいるので、消化を促進し、胃もたれやけ胃酸過多二日酔いなどに抜群に効果的です。

高血圧動脈硬化脳卒中などの予防機能

大根の皮の部分には、ビタミンCのほか、毛細血管を強化し、高血圧動脈硬化脳卒中脳梗塞脳出血、クモ膜下出血)などの予防機能が期待されるビタミンPが豊富に含まれています。

大根の位置づけ・由来

大根は、奈良時代に中国から日本に伝えられ、室町時代に一般に普及した食べ物です。

大根に含まれる栄養素

主要栄養成分表
栄養成分表(例)<大根・葉(根)>
栄養素
100g注含有量
ビタミンA効力
1900(0)IU
ビタミンC
70(15)mg
ビタミンE
2.8(1.2)mg
カリウム
420(240)mg
カルシウム
210(30)mg

大根の摂取方法

大根のじょうずなとり方・食べ方

大根おろし

胃が疲れているときなどに大根おろしを食べると、美味しいだけでなく、胃に染みわたるような感じがして体にいいものを食べているなとしみじみ実感することができます。

ただ、大根おろしににんじんおろしを合わせてもみじおろしにすると、にんじんビタミンC酸化酵素があるため、大根に含まれるビタミンCが破壊されてしまいます。

もみじおろしにすると、彩りがよく食欲を増進してくれますし、何よりもにんじんも食べることができますので、あまり神経質になることはないかと思います。



| 現在のカテゴリ:た行 |

現在のカテゴリ:た行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「た行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. だいこん(大根)
  2. 大豆
  3. 大豆製品
  4. 高菜
  5. 高菜漬
  6. 脱脂粉乳
  7. 脱脂粉乳―栄養
  8. 卵(玉子・タマゴ・たまご)
  9. 卵(玉子・タマゴ・たまご)―摂取
  10. 卵(玉子・タマゴ・たまご)―摂取―摂取量
  11. ターメリック
  12. 淡色野菜
  13. チーズ
  14. チョコレート
  15. 佃煮
  16. 動物性タンパク質
  17. 動物性油脂
  18. ドレッシング

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:た行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「た行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー