卵(玉子・タマゴ・たまご) - [身体]健康と美容

[身体]健康と美容

「私」の入れ物・乗り物である「身体(ボディ)」という不思議で精緻な世界のメカニズムを探求する身体の取扱説明書のサイト。



卵(玉子・タマゴ・たまご)

卵とは

卵の経緯・沿革・歴史など

日本で卵を食べはじめたのは、江戸時代からである。

昭和30年代になってから、大量生産が可能になり、価格が安くなって一般に普及した。

卵の栄養

卵のカロリーエネルギー

卵1個(60g(Lサイズほど)で計算)で約90kcal

参考:食品成分データベース http://fooddb.mext.go.jp/

卵の栄養素・栄養成分(物質)

卵はビタミンC以外の栄養素をすべて含んでいる。

そのためよく完全栄養食品といわれる。

 

ただし、必須エネルギー源である炭水化物の含有量は微量である。

参考:食品成分データベース http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

必須アミノ酸をバランスよく含む良質のタンパク質の供給源

卵は、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質源である。

卵1個(60g(Lサイズほど)で計算)で約7.4gのタンパク質を含む。

これは、成人男性(18歳以上)のタンパク質の1日あたりの食事摂取基準目標量)の約12%に相当する。

アミノ酸スコア

アミノ酸スコア(100に近いタンパク質ほど、必須アミノ酸がバランスよく充足されている)は100である。

  

脂質
オレイン酸

卵にはオレイン酸が豊富に含まれる。

可食部100g(全卵/生)中3500mg

文部科学省「食品成分データベース」 http://fooddb.mext.go.jp/index.pl

レシチン

卵黄に含まれているレシチンには、LDLコレステロール悪玉コレステロール)や血液中の中性脂肪を溶かして、動脈硬化脂肪肝を予防する機能や認知症(ボケ)を予防する機能がある。

コレステロールアラキドン酸

卵は、生活習慣病動脈硬化の原因となるコレステロールアラキドン酸を豊富に含んでいる。

たとえば、コレステロールは卵1個(60g(Lサイズほど)で計算)で252mg含まれている

参考:食品成分データベース http://fooddb.mext.go.jp/

ただし、コレステロール含有率が高い卵を食べるとコレステロールが上がるという単純なものではない(コレステロールの摂取量が直接的に血中の総コレステロール値に反映されるわけではない)。

卵の摂取量

 

ビタミン
ビタミンE

卵は若返りのビタミンといわれるビタミンEも多く含んでいる。

 

卵の保存方法・保管方法

卵はとがったほうを下にして冷蔵庫で保存する。

保存性はよく、約1カ月ほどはもつ。

  



| 現在のカテゴリ:た行 |

現在のカテゴリ:た行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 18 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「た行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. だいこん(大根)
  2. 大豆
  3. 大豆製品
  4. 高菜
  5. 高菜漬
  6. 脱脂粉乳
  7. 脱脂粉乳―栄養
  8. 卵(玉子・タマゴ・たまご)
  9. 卵(玉子・タマゴ・たまご)―摂取
  10. 卵(玉子・タマゴ・たまご)―摂取―摂取量
  11. ターメリック
  12. 淡色野菜
  13. チーズ
  14. チョコレート
  15. 佃煮
  16. 動物性タンパク質
  17. 動物性油脂
  18. ドレッシング

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:た行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「た行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー